逆三角顔さんの帽子の選び方とかぶり方

ツバが狭いものが似合います。また、浅めの帽子よりも深めの帽子をしっかり深くかぶるほうがしっくりきます。頭が丸いものをかぶるとアゴの華奢な感じが強調されてかわいらしい雰囲気になります。

アゴを強調したくないかたは、クラウンの先端が細長いものをかぶると顔なじみが良いです。天井が平たいものより丸いものが似合うので、ワークキャップよりもBBキャップのほうがおすすめ。ハットならポークパイやサファリより、先端の細い中折れ帽や丸いチューリップハットが似合います。

逆三角顔さんのベレー帽の選び方とかぶり方

固めの素材で、小ぶりなデザインのものが似合います。あまりぺったりしすぎたシルエットの帽子をかぶると、頬のハリが目立ってしまいがちになります。かぶり方は貧相な印象を与えないようにベレーの形を生かし、ボリューム感を潰しすぎないようにかぶります。

逆三角顔さんのハット・中折れ帽の選び方とかぶり方

天の細く尖った中折れ帽をかぶると、シャープな印象で顔の形とまとまりの良いシルエットになりよく似合います。丸いトップのハットもオススメです。

その場合、トップが丸いながらも細長いスッキリとしたシルエットになるチューリップハットがおすすめ。かぶり方はつばと床が水平になるように、少し深めにかぶります。

逆三角顔さんのニット帽の選び方とかぶり方

スッキリとしたシルエットのものが良いので、シンプルなニット帽を立たせてかぶると似合います。トップがより細長いシルエットのニット帽のほうがオススメです。

あまり薄手過ぎると貧相な印象を与えてしまうので、ある程度厚みのあるものが良いです。ポンポンや折り返しはないほうが似合いますが、一部のボリュームのない薄手のニット帽の場合は折り返したほうが似合う場合もあります。

逆三角顔さんのハンチングの選び方とかぶり方

しっかりかぶれる、深めのハンチングが似合います。頭にフィットする素材の、ニットやスウェットのものが良いです。アゴが華奢なので、他の顔型では難しいかぶり方の難しい細身のハンチングもスッキリとしたシルエットでよく似合います。かぶり方は、後ろに倒すように深めにかぶると似合います。

逆三角顔さんのキャップ・キャスケットの選び方とかぶり方

トップが平らなものは、アゴの細さや頬骨のハリをアンバランスな印象にしてしまいあまり似合わないので、ワークキャップより丸い天の野球帽が良いです。キャスケットは深めにかぶれる程よいボリュームのものを選びます。

ボリュームがありすぎるとこちらもアンバランスで顔が貧相に見えてしまいがちです。かぶり方は、つばが床と水平になるように、しっかりかぶります。