顔周りを華やかに演出。カラー帽子で差し色コーデ – イチヨンプラス / 帽子通販

送料無料 / 帽子2点以上ご購入で1000円OFF。

顔周りを華やかに演出。カラー帽子で差し色コーデ

ファッション好きな方の中には、差し色をどのアイテムに組み込もうか迷ってしまう方もいると思います。
靴下やバッグなどが定番ですよね。実は、帽子を差し色として使うこともおすすめです。

そこでこの記事では、コーディネート例を見ながら差す色によってどんな印象になるか解説していきます。
差し色の帽子を、どのようにコーディネートに組めばいいのか、イメージができない方は参考にしてみてください。

差し色とは?

差し色とは、コーディネートのどこかにワンポイントで色を入れることをいいます。
別名「アクセントカラー」とも呼ばれています。
トータルコーディネートに色の幅が無いときに使うと、一気に華やかに見える効果がありますよ。

ラベンダーカラーで爽やかな印象に

ラベンダーを差し色にしたコーディネートです。
ラベンダーカラーを入れることで、青や白の同系色でまとめたファッションにうまくアクセントを付けています。
ラベンダーは青と赤と白を混ぜた色のため、差し色として入れても違和感を生みません。

オーバーオールはボーイッシュに決まりがちなアイテムですが、ラベンダーカラーのバケハをかぶることで、爽やかながらも可愛らしい印象にまとめています。
つばが広めのものをチョイスしていることも可憐さを演出している要因です。

赤のキャップでこなれ感をプラス

フレンチスタイルを彷彿とさせるファッションに、赤色のキャップを合わせた個性が光るコーディネートです。
赤はコーディネートに入れることで、垢抜けた印象を与えられます。
明るい赤ではなく、トーンを落とした赤を選ぶと派手になりすぎません。

一見スポーティーな印象ですが、トレンチコートを羽織ることできちんと感も出しています。
楽ちんなのに、だらしなく見えないコーディネートです。親子で双子コーデしているところもポイントですね。

イエローの麦わら帽子でリゾートファッションに

イエローのリボンが付いた麦わら帽子に白のワンピースを合わせたコーディネートです。

華やかさを演出してくれるため、ガーリーにまとめたいけど、子供っぽい印象にはしたくないというときに応用できます。
明るめにすると元気なイメージに、暗めにすると上品なイメージにできるため、なりたい印象に合わせて色味を選択しましょう。

ワンポイントで差し色を持ってくることが難しいと感じる方は、バッグやサングラスにもカラーをちりばめると、うまくまとめられます。

オレンジキャップでフェミニンコーデでも元気な印象に

ベージュのオーバーオールにオレンジのキャップを合わせたコーディネートです。
オレンジには、落ち着いたファッションに取り入れるとアクセントになる効果があります。
夏には明るめのオレンジを合わせると元気で可愛らしい印象になりますよ。

フェミニンコーデでまとめてもおしゃれですが、キャップなどあえてボーイッシュなアイテムを1個入れると今っぽい垢抜けたコーディネートに。
後ろのリボンも可愛らしさを演出しています。

スカイブルーで初夏にぴったりの爽やかなコーデ

スカイブルーのバケハと白Tを合わせたカジュアルなコーディネートです。
スカイブルーのようなパステルカラーは、メインでコーディネートしてしまうと、甘めになってしまいます。
差し色として使うことで、爽やかさが加わりうまくまとめられます。

スカイブルーは、「パステルカラーに挑戦したいけど、可愛くなりすぎるのは困る…」方におすすめ。
クールな印象のブルーを薄めた色なので、程よく可愛らしさをプラスできます。
スカイブルーは、シンプルなファッションに上手く取り入れると、差し色として十分に効果を発揮しますよ。

カラー帽子でいつもとは違ったファッションを楽しもう

今回は差し色について紹介しました。差し色をうまく使うことで、コーディネートのマンネリ化を防げます。
今回紹介したコーディネート例を参考にしながら帽子で差し色を組み込んでみましょう。

Writer:堀口 祥子


こちらのページでご紹介した商品 ※取り扱いの終了した商品もございます。