トレンドコートと帽子の組み合わせ方/キルティングコートやボアコートなど今年流行りのコートと帽子を合わせてこなれ感を演出 – イチヨンプラス / 帽子通販

【すぐ使える】LINEのお友達登録で500円OFFクーポン配布中 / 送料無料

トレンドコートと帽子の組み合わせ方

本格的な寒さが訪れ、いよいよ暖かなコートが欠かせない季節になりましたね。
アウターの種類によってそれぞれ合う帽子も違ってくるため、今年の流行のコートと帽子の選び方に悩む方も多いかと思います。
そこで今回は、トレンドコートと帽子をおしゃれに合わせたコーデをご紹介します。

■アースカラーのキルティングコートはバランス良く

引き続きトレンドのキルティングコートには、ふわふわのフェイクファーがナチュラルなフライトキャップをセレクト。
カーキを主体に全身アースカラーでまとめていますが、首周りに出したアイボリーのパーカーのフードが繋ぎの役割を果たしており、色味が重くならずにバランスが取れています。
トップにボリュームを持たせているため、バッグは小ぶりなものを。さらに足首の辺りには隙間を空けることで、全体の抜け感を作っています。
小物でファーやレザーアイテムを採り入れれば、大人カジュアルへリッチ感が加わりますね。
防寒しつつしっかりおしゃれな、この冬のお手本にしたいコーデです。

■ロングコートにはバケットハットで目線を高く誘導

すっきりとしたIラインのスタンドネックコートは、ボタンの留め方次第でシルエットが自在にアレンジできるものも多いです。
一番上だけ留めれば、緩やかなAラインに様変わり。ブラウンのフレアパンツが強調され、帽子の色味との統一感が出ます。
ロングコートは裾にかけてボリュームができ、足元に重さを感じさせやすいため、バケットハットで視線を高く導き調和させるといいですね。
ホワイトのコートは着こなしが難しく思われがちですが、このように濃色とのコントラストを意識すればシャープに映えますよ。
バッグとブーツはブラックでリンクさせた、シンプルながらも計算されたコーデとなっています。

■カジュアルなニット帽でチェスターコートを着崩して

ニットキャップにロゴパーカー、そしてデニムのハーフパンツといったカジュアルに振り切ったスタイルへ、クラシカルなチェスターコートを合わせてきれいめにシフト。
さらにシューズもスニーカーではなく、厚底の編み上げブーツでハードさも混じえた、おしゃれ上級者なテクニックです。
かっちりとしたチェスターコートには、ほどよく着崩しができるニットキャップがぴったり。どちらもダークカラーで揃える場合、襟元に淡色を挟むことでさらに個々が引き立ちます。
最も面積を占めるコートと、眼鏡を含めた小物系はすべてブラック。子供っぽくならないカジュアルアイテムの掛け算が絶妙な、大人のミックスコーデです。

■もこもこぽかぽかなホワイトボアコーデ

雪のようなカラーのもこもこのボアコートには、同じ質感のバケットハットでセット風味に。さらにキルティングブーツやインナーも白系で揃え、それらをパイピングのブラックで上手く引き締めた、ホワイトベースで明るめなモノトーンコーデとなっています。
カジュアルなイメージのボア素材ですが、柔らかなアイボリー調を選ぶことで、ぐっと可愛らしい印象になりますね。
ボアのバケットハットは主役になるのはもちろん、保温性に優れていてシーズン感たっぷり。この時期ならではのおしゃれを満喫するのに最適なアイテムです。
気負わない装いで軽やかに暖かい、お子さんとお出かけするときなど冬の日常で大活躍のコーデですよ。

■モッズコートにはフライトキャップが相性抜群

カジュアルファッション派にとって、メンズライクなモッズコートはマストなアウター。ビッグサイズをさっと羽織ればこなれた雰囲気が漂います。
カレッジスウェットにスニーカーというラフなパンツスタイルには、フェイクファーがボリューミーなフライトキャップをかぶると、一気に冬らしさが出ますね。
コートがネイビーなら、帽子はブラックでトーンを合わせるのがおすすめ。フライトキャップはミリタリー風なモッズコートにマッチするうえ、ベーシックなコーデへとトレンド感も添えてくれます。
帽子がアクセントな分、バッグは巾着でミニマルに抑えて。女性らしいアイテムをプラスして、無骨になりすぎないカジュアルテイストを目指しましょう。

冬のトレンドコートは帽子でブラッシュアップを

今年のトレンドコートと帽子のコーデ、いかがでしたか?
コートと帽子の組み合わせ方はとても重要で、ポイントさえ押さえていればたちまちおしゃれがランクアップします。
ぜひこの記事を参考に、さまざまな冬のコーデを楽しんでみてくださいね。

Writer:藤波ひより