【すぐ使える】LINEのお友達登録で500円OFFクーポン配布中 / 送料無料

韓国っぽ裾リブマフラー

大人気の韓国コーデでトレンドになっている、おしゃれなフリンジなしマフラー。裾にさりげなくリブが施されたニットマフラーは、服装を選ばない使い勝手の良さが魅力です。
今回は、そうした優秀アイテムなフリンジなしマフラーを採り入れたおすすめコーデをご紹介します。

■ガーリーなナチュラルコーデにぴったり

コットンやリネン素材などを使ったナチュラルスタイルに、ニットマフラーの風合いがマッチします。バルーンスリーブのジャケットやワンストラップシューズといった、大人ガーリーな装いを引き立ててくれますね。
いたってベーシックなデザインなので、他のアイテムの持ち味を打ち消さないのが嬉しいメリット。ひらひらと垂れるフリンジが付いていないことによって、存在感のある襟元のフリルを邪魔しません。
巻かずに腕にかけているときでも、コントラストがほどよい差し色に。バッグの刺繍と揃えたアイボリーをセレクトすれば、ブラウンとブラックを基調とした落ち着いたコーデへ甘さのニュアンスが加わります。

■心地よくやさしいスタイリングの仕上げに

フリンジなしマフラーなら、重ね着スタイルでももたつかずにすっきりとまとまります。ゆるっとかわいい玉ねぎヘアアレンジの際には、首元にボリュームの出る巻き方で髪の方へと注目を集めましょう。
ヘアアクセも同じ色をチョイスしてトーンを統一させると、コーデがさらにワンランクアップします。
柔らかい素材感のため、結び方次第でガラリと表情を変えられるのもニットマフラーの特徴。編み目の細かなハイゲージ生地は充分に暖かく、しっかりと防寒もできますよ。
肌当たりがやさしくてちくちくせず、小さなお子さんを抱っこするときも安心なので、親子でおしゃれを楽しむママさんにもおすすめです。

■それぞれのカラーが映えるバランスコーデ

鮮やかなパープルのトップスやターコイズのアクセサリーなど、コーデのメインになるようなカラーアイテムがある場合は、ベージュのフリンジなしマフラーをオンするとグッドバランス。
両サイドを長めに垂らす一周巻きは手軽なうえに、ラフでこなれた雰囲気を演出できる万能な巻き方です。
ミックスニットよりもフラットな質感の裾リブマフラーなら、ディティールが控えめなので着飾りすぎになりません。むしろ首周りにさらりと巻くことで、主張の強いカラー同士を上手く調和させてくれる優れものです。
ニットonニットといった、通常ならごわついてしまいがちな組み合わせでも、こうして違和感なく重ねられるのがフリンジなしマフラーの強みですね。

■肩へショール風に羽織ってメリハリを

マフラーとして首に巻くだけでなく、ショールのように羽織ってみるとぐっと女っぽコーデに。大判な幅を活かせば、このようにあらゆる形で自由なスタイリングが叶います。
ハイネックニットと裾のリブをリンクさせて、セットアップ風に見せているのもポイントですね。
一枚あると重宝するカラーは、クリーミーで肌馴染みの良いモカ色。ベージュにもブラックにも溶け込みつつ適度にメリハリを出せるので、プレーンな着回しにもアクセントを与えてくれます。
全体的にどことなく物足りないとき、さっとプラスするだけでさまになるフリンジなしマフラー。レザーの型押しバッグやロングブーツと合わせたなら、きれいめなトレンドスタイルが作れますよ。

■トラッドベースな大人カジュアルにも最適

ベレー帽やシャツワンピースといった定番アイテムによるトラッドなテイストにも、フリンジなしマフラーがよく似合います。
裾リブのニット素材なら、トップスが厚手でも重たくなりません。ざっくりとしたネイビーのセーターにはライトグレーのフリンジなしマフラーを選び、濃淡のコントラストで双方を引き立たせましょう。
全身がゆったりとAラインのシルエットなので、マフラーは短めにぐるっと巻くのがちょうどいい配分。首周りにボリュームを出すと、ほっこりかわいらしい印象になりますね。
相性抜群なレザーアイテムを添えれば、シンプルながらも小物が主役な大人カジュアルの完成です。

今年のマフラーはフリンジなしがイチオシ

汎用性の高いフリンジなしマフラーは、さまざまなコーデで活躍するとても便利なアイテムですよ。
持ち歩きもかさばらず、必要に応じてさっと温度調節できるのも実用的です。
今からすぐに即戦力になり、春先まで長く使えますので、ぜひこの機会にワードローブへ加えてみてください。

Writer:藤波ひより


こちらのページでご紹介した商品 ※取り扱いの終了した商品もございます。