まだまだ流行継続中!トレンドのグリーン×帽子の最旬コーデ – イチヨンプラス / 帽子通販

【すぐ使える】LINEのお友達登録で500円OFFクーポン配布中 / 送料無料

まだまだ流行継続中!トレンドのグリーン×帽子の最旬コーデ

昨年から流行中の鮮やかなグリーンは、ポイントで使っても全体に使っても、意外と取り入れやすい万能カラーです。

流行カラーだからこそ、他の人とは少し違う着こなしをしたいですよね。そんなときには、帽子を使って一味違ったアクセントを取り入れてみるのがおすすめ。帽子で目線の重心を上げることで、スタイルアップだってできちゃいます。

2022年もまだまだ流行継続中のグリーンと、帽子を合わせたおすすめコーディネートをご紹介していきます。

 

■主役級!鮮やかグリーンのワンピースとアイボリーのキャップコーデ

ビビットグリーンのワンピースが目を惹く、華やかなコーディネートです。

ワンピース以外のアイテムは、アイボリーやライトブラウンでまとめることで統一感が出ていますね。 ガーリーなロングワンピースをボーイッシュなキャップと合わせることで、程よくカジュアル感のある、甘すぎない雰囲気に仕上がっています。

帽子はコーディネートから浮いてしまう気がする、という初心者の方でも大丈夫。髪と似た色の帽子を選ぶことで、さりげなくコーディネートに馴染ませることが可能です。この場合は、ハイトーンの髪色とキャップの色味を合わせることで、こなれ感がグッと上がっています。

 

■グリーンを差し色に使ったモノトーンコーデにカンカン帽

黒のロングワンピースに、肩掛けした鮮やかグリーンのカーディガンが映えるコーディネートです。

一見、重く見えてしまいがちな黒のロングワンピースも、バッグとサンダルに白を取り入れることで軽やかさが出ています。

カンカン帽を取り入れることで、こなれ感がさらにアップ。春夏にピッタリの爽やかな雰囲気です。

麦わら素材なので、暑い日でも通気性は抜群。カンカン帽に巻かれているリボンをブラックで揃えることで、全体に統一感が出ているのがポイントです。

 

■グリーンのロゴキャップを取り入れた、フェミニン×カジュアルコーデ

キャップにグリーンを取り入れたコーディネート。

上半身にパッと目を惹くアクセントを加えることで、重心が上がってスタイルアップが叶います。

バッグとバングルに革小物を選ぶことで、コーディネート全体が大人っぽくグッと引き締まっていますね。

カジュアルな印象の強いキャップですが、パールのネックレスやふんわりした素材のブラウスと合わせることで、女性らしいスタイリングにすることも可能です。

ブラウンと白のニュアンスカラーがメインのナチュラルな雰囲気の中、キャップがうまくハズしアイテムになっています。

「キャップがカジュアルすぎて服装と似合わないかも」と思っているときも、取り入れてみると意外といいハズしになるのでおすすめです。

 

■ワイドパンツとバッグでインパクトのあるグリーンコーデ

ロングジレとワイドパンツを合わせた、スタイルアップ効果抜群のコーディネート。

主役のグリーン以外は、黒と白のモノトーンで揃えるのがお約束です。アクセサリーはごつめのシルバーを選ぶことで、とことんマニッシュに。

マニッシュなコーディネートには、ベージュのキャップを被ることでナチュラルに仕上げることができます。

黒のキャップを選んでしまうとなんだか全体的にまとまりすぎる、というときに使いやすいのが、こなれ感の出せるベージュカラーです。

キャップのフロント部分についているワッペンが、さらにアクセントになっています。ワッペンのような小さなところも、コーディネートに使っているブラックと色を合わせることで、全体的な統一感がアップしますよ。

 

■メンズも取り入れやすい!ダークグリーンのキャップコーデ

ロゴプリントのスウェットとチノパンを合わせたスクールボーイ風コーディネート。

スウェットの裾からレイヤードしたシャツを出すと、こなれ感がグッと引き立ちます。オーバーサイズを選ぶことで、程よいリラックス感が出て今っぽい雰囲気に。

薄い色味のコーディネートですが、帽子と靴で濃い色を持ってくることで全体がグッと引き締まります。

ロゴ入りのキャップは、同じくロゴ入りのスウェットと相性抜群。このくらいの暗めのグリーンであれば、メンズも気軽に取り入れられますね。

 

■グリーンのバッグをポイントにした、アースカラーコーデ

バッグのグリーンと、スウェットのロゴカラーを綺麗に合わせた上級者コーデ。

帽子がコーディネートから浮かないコツは、洋服の色のトーンと合わせること。ブラウンのキャスケットが、トレンドのアースカラーを使ったコーディネートにうまくマッチしています。

パンツではなくスカートを選ぶことで、ボーイッシュすぎない仕上がりに。全体にアースカラーを使ってしまうとぼんやりとした仕上がりになってしまいますが、黒をうまく取り入れることでコーディネート全体が引き締まりますね。

 

■親子でお揃いのホワイトキャップ×グリーントップスコーデ

てっぺんからつま先まで、すべてのアイテムを揃えた親子コーデ。

キャップやスニーカーにうまく白を取り入れることで、爽やかにまとまっています。

デニムは、インディゴの濃い色のものを選ぶのがカジュアルに見せすぎないコツです。濃い色で引き締めることで、さらにトレンドのグリーンが鮮やかに引き立ちますね。

無地の白いキャップは定番アイテム。濃い色と違い、熱を吸収しにくいので、お子さんに被せても熱中症の心配が少ないのが嬉しいポイントです。

 

 今回は鮮やかなグリーンを取り入れたコーディネートをご紹介しました。

みんなが着ているトレンドカラーだから着ないのではなく、人より差をつけたコーディネートで、自分なりに着こなしてしまいましょう。

帽子自体にグリーンを取り入れるのも、ベーシックカラーの帽子をコーディネートに馴染ませるのもおすすめ。

帽子はひとつ持っておくだけで、いろんなバリエーションが出せるので、あなただけの帽子の着こなし方をぜひ見つけてみてください。

Writer:鈴木 里美


こちらのページでご紹介した商品 ※取り扱いの終了した商品もございます。