淡色デニムを取り入れた、春の帽子コーデ – イチヨンプラス / 帽子通販

【すぐ使える】LINEのお友達登録で500円OFFクーポン配布中 / 送料無料

淡色デニムを取り入れた、春の帽子コーデ

過ごしやすい暖かさが嬉しい春も、実は紫外線が強くなってくる季節。日焼け止めをしっかり塗っていない時でも、コーディネートの一部で紫外線対策ができれば嬉しいですよね。

そんなときに、帽子は被るだけで浴びる日差しを和らげることができるおすすめアイテムです。コーディネートに季節感を出しつつ、紫外線も防いでくれる一石二鳥の優れもの。

今回は、春らしい淡色のデニムと、帽子を組み合わせたコーディネートを紹介します。

 

■デニムオーバーオール×カンカン帽で春のカジュアルコーデ

デニムのオーバーオールを主役にしたこちらのコーディネート。

足元はバレエシューズを合わせて足の甲をチラ見せすることで、抜け感を演出。適度な肌見せを取り入れることで、ボーイッシュな印象の強いアイテムも軽やかに女性らしく着こなすことができます。

ピンク色のボーダー柄トップスに、カンカン帽を合わせてさらにカジュアルなイメージに。カンカン帽のブラウン色のリボンが、トップスとマッチしています。

麦わら素材は通気性も良く、暑くなってくる春夏にかけて特におすすめの素材です。キャップに飽きた方も、カンカン帽を取り入れて新鮮な着こなしにチャレンジしてみて。

 

■ダメージデニムを黒ベレーで引き締めた、メンズライクコーデ

ダメージの入ったデニムと、チラ見せした柄シャツがボーイッシュなこちらのコーディネート。

ボリュームのあるスニーカーがさらにやんちゃな印象をプラスしてくれます。 定番のキャップを持ってくるのもいいですが、ベレー帽を取り入れておでこの丸みを強調することで、少し女の子らしさも忘れないのがポイント。頭の上に乗せるのではなく、グッと深く被ることで、わざとらしさも控えめにできます。

明るいベレー帽でお茶目な雰囲気を出すのもいいですが、スニーカーと同じ黒色を持ってくることで、コーディネート全体を大人っぽく引き締めているのがコツです。

 

■淡色デニム×キャップのカジュアルコーデ

淡色のデニムと、オーバーサイズのシャツでとことんカジュアルテイストにしたコーディネート。オーバーサイズのシャツを羽織ることで、よりボーイッシュな印象になっています。

無地のシンプルなキャップを選んで、上品な雰囲気をプラス。ロゴ入りだとカジュアルすぎてしまうときには無地のキャップがおすすめです。つばも広く、深めに被ることもできるので紫外線対策はバッチリ。日傘が似合わないカジュアルコーデにも、帽子は違和感なく取り入れることが可能です。

キャップとシャツ、スニーカーを同じクリーム色で揃えることで、全身に統一感を。ボーイッシュなコーディネートですが、ローカットのスニーカーを選んで足首を見せると、抜け感が出ておすすめです。

 

■黒バケハを使ったメンズコーデは、足元を鮮やかにして一気に春っぽく

季節を問わず使える黒のバケットハットは、メンズにとっても万能アイテム。何か物足りない、と思ったときに簡単にこなれ感を出してくれるバケハは、持っていて損のないアイテムです。

上半身だけ一見すると冬っぽい色味にも感じますが、淡い色のデニムと合わせることで、一気に春っぽいコーディネートに変身します。

無難なスニーカーではなく、ここで鮮やかなターコイズ色のモカシンブーツを合わせることで、アクセントが生まれますよ。

アクセントカラーの取り入れ方が難しいという初心者の方は、まずは小物やプリントされたロゴの色など、面積の小さいところから取り入れてみて。

 

■珍しいデニム素材のバケハ×白パーカーでスポーティに

白パーカーが春にピッタリのスポーティーなコーディネート。

珍しいデニム素材のバケットハットには、縁にフリンジがついていることでコーデが一気に華やかな印象に。華やかな帽子はフェミニンなコーデに取り入れるのもおすすめですが、こんな風にスポーティなコーデのハズしアイテムにしてみると新鮮です。

バケハのフリンジ部分と、アウターのカラーを水色で合わせることで、春らしい統一感が出ますね。

ワンカールにした髪型や、リップの色で程よくガーリーさを残すのが、大人のスポーティーコーデのコツです。

 

■ピンク×デニム素材の親子リンクコーデに、バケハで日焼け対策もバッチリ

ストライプのシャツワンピースが主役のこちらのコーデ。縦長のI字シルエットを作るだけで、簡単にスタイルアップができます。

切りっぱなしのデニムでカジュアルな抜け感をプラス。デニムとピンクの差し色が親子でリンクした、春らしさ全開のコーディネートです。

時間がないときだって、被るだけでコーデのポイントになるバケハは、忙しいママの味方。広めのつばが簡単に紫外線も防いでくれる、嬉しい時短アイテムです。

 

今回は、デニムを取り入れた春の帽子コーデをご紹介しました。

デニムはインディゴ系の濃い色ではなく、薄い色のものにするだけでコーデが一気に春っぽくなりますよね。

どんな色や帽子ともマッチする万能アイテムです。 つばのついた帽子を被れば、紫外線対策にもなります。

まだまだ紫外線にお肌が慣れていない春こそ、帽子を取り入れたコーデで手軽に紫外線対策をしてみるのはいかがですか?

Writer:鈴木 里美


こちらのページでご紹介した商品 ※取り扱いの終了した商品もございます。