【すぐ使える】LINEのお友達登録で500円OFFクーポン配布中 / 送料無料

【デート?女子会?】シーン別のオススメ帽子

帽子は、合わせるコーディネートによって色々な雰囲気に変わるアイテム。

今回はシーン別にオススメな帽子の合わせ方をご紹介します。

夏が終わり、紅葉やハロウィン、クリスマスなど年末に向けて素敵なイベントがたくさんありますね。お出かけコーディネートの参考にしてみてください。

 

■デートにぴったり。王道可愛い「キャスケット」

ハンチング帽の1種としてジャンル分けされるキャスケット。

「ベレー帽にツバがついたもの」という説明が一番わかりやすいかもしれません。トップに丸みがあり、可愛らしい印象を与えます。

可愛くキュートに仕上げるのが正解な、デートのコーディネートに取り入れるのにはぴったりな帽子です。

ベージュやホワイトのワンピースは、全体がぼやけがちで少し難しい。ですが、写真のモデルさんのように、帽子とバッグをブラックでまとめると全体が引き締まりますね。優しくふわっとした印象のコーディネートには、ダークトーンの小物を合わせてメリハリをつけることがオススメです。

紅葉をみに行ったり、しっかり外を歩くデートには、紫外線対策もできるツバ付き帽子「キャスケット」を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

■おしゃれ女子会で差をつける「レザーハット」

デートではなかなかできないファッションも、友人たちと集まる女子会でだったら挑戦しやすいですよね。

ワンランク上のお洒落さんに見せることができる「レザーハット」はそんな女子会に特にオススメです。 素材はレザー、形がトレンドのチューリップハットの、このアイテム。

Tシャツにデニムを合わせたラフな服装にあえてプラスしても可愛いです。ブラックのレザーハットは、シルバーのアクセサリーとの相性抜群。すっきりとした作りの帽子なので、ボリュームのあるピアスやヘアアクセサリーと組み合わせても素敵に仕上がります。

強めでクールな印象のこの帽子をかぶる時は、ヘアスタイルは巻いたりせずにストレートがおすすめ。韓国っぽさを出したい方は「ヨシンモリヘア」にするとバッチリ合います。

コーディネートによって、クールにも韓国っぽくもなるレザーのチューリップハット、ぜひトライしてみてはいかがでしょうか。

 

■こなれ感を演出できる「ブラックカンカン帽」

こちらも女子会にオススメな帽子。

カンカン帽といえば夏のイメージですが、ブラックをチョイスすれば秋のコーディネートにもばっちり合うんです。

ラフィアブレードのカンカン帽は適度に光沢もあり、きれいめなスタイルと合わせるのがオススメ。天然素材であるラフィアは、風通しのよさや、使いこむごとに柔らかくしなやかになるといった特徴があります。経年変化を楽しめるところも魅力的ですね。

カンカン帽は、もはや定番の帽子になってきているので、1つ持っておけば毎年かぶれる便利なアイテムです。オールブラックのコーディネートでカッコよく仕上げても、柄シャツやワイドパンツと合わせてメンズライクに仕上げても女子会にぴったり。

紐付きのタイプのカンカン帽なので、ロングヘアの人は後ろで髪と紐を編み込んだスタイルに挑戦してみてほしいです。色々とアレンジを楽しめるブラックのカンカン帽、ぜひ取り入れてみてください。

 

■彼とお揃いでも可愛い「キャップコーデ」

デートコーデといえば「二人でお揃いのアイテム」に憧れますよね。

トップスやボトムをお揃いにするのは、テーマパークなどのお出かけ以外では、少し抵抗感がある方も多い印象。小物を合わせるお揃いコーデは挑戦しやすく、中でもキャップを合わせるのは、手軽に取り入れられるのでとてもオススメです。

女性らしいキュートな服が好きな彼女さんだと、シンプルでラフな服装の彼氏さんと並んで歩く時に、バランスを考えてしまうことが多いですよね。全く同じものでなくても、色味を合わせたキャップを一緒にかぶっているだけで、一気にカップル感が出ます。

近場でのデートや、アクティブに動く公園デートなどで、ぜひ真似してほしいコーディネート。 お揃いが苦手な彼氏さんも、ナチュラルなキャップ合わせなら、きっと挑戦してくれますよ。

 

◆シーン別でオススメな帽子をご紹介しました。

身につけたいアイテムやコーディネートは、女子会なのかデートなのかでガラッと変わってきますよね。

今回ご紹介した帽子は、シーン別でばっちりきめたコーディネートを、さらに引き立てるものばかりです。モノトーンカラーの帽子は、淡い色の服やラフな服をグッと引き締める効果も。

デートにも女子会にも同じ帽子を取り入れたい人は、ブラックのものを選んでみるのが良いかもしれません。 お出かけ場所やお店の雰囲気などに合わせて、ファッションを楽しんでくださいね。

Writer:I Yuka


こちらのページでご紹介した商品 ※取り扱いの終了した商品もございます。