【すぐ使える】LINEのお友達登録で500円OFFクーポン配布中 / 送料無料

秋冬はどんな帽子がおすすめ?素材別の印象やコーデをご紹介

8月が終わった今、秋冬はどんな帽子をかぶろうか悩む時期でもありますよね。自分に合う帽子を探すためには、形はもちろん重要ですが、素材によってもイメージが変わってきます。

そこで今回は、秋冬におすすめの素材をご紹介!素材ごとの特徴や、かぶれる時期なども解説していますので、秋冬の帽子で悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

■秋〜春先まで使える「フェルト」

フェルトとは、ウールなどを圧縮させた布生地のこと。

起毛感のある生地感が特徴で、軽量かつ保温性に優れているため、秋冬にぴったりの素材なんです!

また、ファーやボアほど見た目に季節感が出ないため、肌寒さの残る春先まで使えます。 ベレー帽やキャスケットなどに使われることが多いフェルトは、カジュアルにもきれいめにも映える万能な素材。

幅広いコーデに合わせたい人や、大人っぽく帽子をかぶりたい人は、フェルト素材をチェックしてみてくださいね。

 

 

■カジュアルコーデにぴったりな「コーデュロイ」

コーデュロイとは、綿などをビロード織りで仕上げたパイル織物のこと。

ストライプ状の凹凸模様が特徴で、カジュアルなコーデに取り入れられることが多い生地です。この凹凸模様は畝(うね)とも呼ばれており、畝が太いとよりカジュアルな印象に。

また、畝が細いと、きれいめカジュアルなコーデにも映えます。畝の太さによって印象が変わる、おしゃれさんに人気の素材です。

バケットハットやキャップなどのカジュアルな帽子から、ベレー帽やキャスケットなどのきれいめに映える帽子まで、幅広いアイテムにコーデュロイが使われています。

また、アイテムによっては起毛感が少ないものがあるので、秋を先取りしたい8月後半から9月にかけてもおすすめです。

 

■秋冬のど定番!「ニット」

ニットとは、1本の糸で編んで作られた生地のこと。

秋冬のニットは、ウールやアクリル、ポリエステルなどで編まれていることが多く、起毛感のあるやわらかい手触りが特徴です。

また、春夏にはコットンやリネンを使ったニットもあるので、秋冬に限らず人気があります。 なかでもおすすめなのは、ワッチキャップやビーニーとも呼ばれる、シンプルなニット帽。カジュアルコーデと相性が良いのはもちろん、ワンピースやスカートなど、女性らしいアイテムとも合わせやすいのが魅力です。

綿素材のニット帽なら、暑さの残る9月からでもかぶりやすく、秋冬にも重宝します。また、季節感を演出したい人は、ウール素材のものや糸が太いものを選ぶと、見た目に暖かみが増しますよ。

ニット帽子を選ぶ際は、ぜひ素材もチェックしてみてくださいね。

 

■もこもこの見た目がかわいい

動物の毛を連想させる、もこもことした生地がかわいいボア。

ここ数年でトレンドになっている素材です。毛がクルッとカールしているボアは、保温性に優れていて暖かいのが特徴。

また、ボリューム感のある見た目ながら、非常に軽量なので、重ね着やコートなどで体が重たくなりがちな秋冬にはぴったりの素材です!

見た目にインパクトがあるため、かぶるだけで秋冬の季節感を演出できるのがボアの魅力。手軽に季節感を出したいときや、いつものコーデが物足りないときにもおすすめです。

ブラウンやブラックなどの落ち着きのあるカラーを選べば、カジュアルな印象に。ホワイトやベージュなどの明るい色を選べば、女性らしさもプラスできますよ。

 

■フェミニンコーデにもマッチする「ファー」

毛がクルッとしているのがボアでしたが、ファーは毛が真っ直ぐなのが特徴。保温性が高く暖かいので、ボア同様に秋冬に重宝される素材。

ボアよりもボリューム感がないので、個性的になりすぎない帽子が欲しい人におすすめです。

また、程よい光沢感があるファーは、上品さや女性らしさを演出したいときにもぴったり。かぶるだけで季節感を演出できるほか、コーデのアクセントとしても活躍します。

きれいめやフェミニンコーデが好きな人は、ファー素材をチェックしてみてくださいね。

 

今回は、秋冬に向けてチェックしておきたい、帽子の素材についてご紹介しました。

自分の雰囲気やいつものコーデに合いそうな素材は見つかりましたか?

素材によって、印象やコーデの合わせ方も異なるため、さまざまな素材の帽子を持っておくのもおすすめです。この記事を参考に、ぜひ自分にぴったりな素材と帽子を探してみてくださいね。

Writer:moko


こちらのページでご紹介した商品 ※取り扱いの終了した商品もございます。